日本製と外国製のvapeの違い

健康に配慮して従来の紙巻きタバコからvapeに変える人が増えています。一口にvapeといっても生産国によって特徴は様々で、日本製と外国製の大きな違いがタールとニコチンです。外国で販売されているvapeの中には紙巻きたばこと同様にニコチンやタールが含まれている物もたくさんあります。一方日本で流通されている物はメーカーに関係なくどちらも含まれていません。そのため、ニコチンやタールを求める人は海外から独自に取り寄せる必要があります。

紙巻きたばこからvapeに変えるメリット

紙巻きタバコからvapeに変えることで得られるメリットが健康への影響です。国内で流通しているvapeは肺ガンのリスクを高める物質が含まれていないため、安心して使うことができます。ただし、タールやニコチンが含まれている海外製のvapeの場合は紙巻きタバコと同じにリスクを負うことになるので注意が必要です。副流煙で部屋の空気を汚したり周囲に迷惑を掛ける心配がないという点もvapeの魅力と言えます。

vapeを利用するデメリット

利用者の増加に伴ってvapeを取り扱う店舗も増えているとはいえ、大半が都市部に集中しているのが実情です。また、店舗ごとに販売しているフレーバーが違うため、自分が欲しい味がなかなか見つからないというケースも少なくありません。インターネットの通販を利用すれば住んでいる地域に関係なく購入することはできますが、注文から手元に届くまでに1週間程度の時間が掛かります。紙巻きタバコのように自動販売機やコンビニで手軽に買えない点がvapeのデメリットです。

vapeの日本製リキッドには、材料から製造まで国内で行う純国産、原料には外国産のものが含まれている製造は国内で行う国産の2種類があります。安全性を重視するのであれば、第三者機関で検査されたものを選べます。